インターネットで検索する

最近、金融会社でも数え切れない位のサイトが存在します。地方によって違いますが、主にパソコンを使った業務が多いです。企業によっては銀行そのものの募集は新入社員や銀行経験者の中途採用以外殆どと言っていい位ありません。グループ会社でプロフィールを登録したり、派遣会社からオファーが来る形が増えております。また、金融関係の仕事ネットを使ってエントリーをする事も出来ます。電話で応募するより24時間365日検索が出来る上、応募も可能なので便利になっています。更に情報誌よりも詳しく掲載されているので問い合わせてみたいと思う気持ちになります。企業にメールが届けば電話かメールで折り返してくれるので安心して登録できます。職種としては幅広くあって選択出来ますし、勤務先や働き方を入れてみるとあるかないかが解ります。金融会社でも幅広く職種があります。事業として基本は銀行ですが、証券会社、保険会社、クレジット会社など沢山あってその中でもデータ入力、オペレーター、受付、秘書など数々の業種が別れます。更に、銀行関係では営業店は平日の15時で閉店しますが、まだ終わらない事があります。一日の集計で終業時間内に終わらせるのですが、閉店から作業をする夜間や土日祝日の業務も多々あります。特にネット支店やコールセンターはお客様の要望に応える為に時間を拡大して交替勤務をしている例もあります。また、Wワークを歓迎している企業もあって不景気ではありますが、自分のペースで働ける案件もあります。

希望に応える

今は、家族の生活費だけでは賄えない事が多いのが現状です。子供の学費は勿論の事、自分の小遣いが欲しくて働く人が増えています。現在、特に金融関係は正規雇用がだいぶ減っています。現在は銀行や証券会社などのグループ会社が派遣事業も行っており、登録者が増えております。雇用形態は派遣社員、契約社員、フルタイムのパート、短時間パートと分類されています。もっと細かいのは、扶養の範囲内かどうかで1ヶ月に何日就業出来るか、休日希望を登録することが出来ます。まずは、問い合わせフォームに何が出来るかを仮登録して、企業からの返事を待ちます。連絡がくれば面接と同時に本登録を行います。自分の希望が叶えられるようにコーディネーターと話し合います。更に細かい説明をしたり、募集の案内をしてくれます。銀行の場合は足りていない営業店や本部に確認を取って、何の業務をするのかをお話してくれます。希望に添えられないこともありますが、登録した事で違う案件が来る事があるので希望は捨てずに探し続けるのです。最近は、パソコンや銀行未経験でも会社独自のプログラムやフォーマットが用意されています。間違えがなければどんどん慣れてくるので、自然とスキルアップしていきます。時給は業種によって違いますが、殆ど問題なく出来る業務が多いので高く設定されていません。それでも、社員のサポートが出来るように就業をしてくれているので少しでも成長できるのではないでしょうか。

ページの先頭へ